文系seの備忘録

Excelの改行でひたすらスペースを打っていた機械音痴の文系seが日々の備忘録を綴る。

LPICレベル1

相変わらずSEやってます、もう5年目になりました。
このブログを作成した当時は新人だったのかな?
プログラミングなんて全くわからないどころか、パソコンの操作すら十分にできない状態で
この業界に入ったわけですが、それでもなんとかやってこれました。


とはいえ、自主学習は欠かせません。
やらないとすぐ忘れます。
センスなんて微塵もないので、日々慣らしておかねばなりません。


最近業務でlinuxを触る機会があったんですが、しばらくブランクがあったせいで
簡単なコマンドすら忘れていました。


なので、いい機会だと思って資格取得を目標にちゃんと勉強してみようと思います。


(以下、LPI-Japanより引用)

LPICレベル1

サーバの
構築、運用・保守

実務で必要なLinuxの基本操作とシステム管理が行えるエンジニアであることを証明できます。

該当試験101試験 / 102試験
LPICレベル1に認定されるためには101試験と102試験の両方に合格する必要があります。

勉強期間目安1か月~3か月程度
(※初めての方の場合)


レベル1のなかでも、101と102に分かれているんですね。
知らなかった~。
どっちも取らないとレベル1取得とはならないようです。
しかもそれぞれ受験料が15000円。たっか。

以前受けたjavaの資格も確か3万くらいしたっけ。
samooooon.hatenablog.com

IT系の資格試験の受験料、高すぎです。








色々と調べてみたところ、参考書はアズキ本と言われるえんじ色の表紙のやつ

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

これはかなり詳しいらしいです。
基礎からしっかりと、徹底的に学びたい人向け。

一週間で基礎が学べるってやつ

1週間でLPICの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

1週間でLPICの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

これは初心者でもとっつきやすい様子。

そしてこちらがけっこうおすすめされている人が多かったです。

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version4.0対応

載っている問題が、実際の試験内容と近いようで、試験のためには一冊あるとよさそう。



一週間で学べるやつと、スピードマスターを買ってみようかな。